プロフィール

RandCwithBear

Author:RandCwithBear

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

・・・・・!?(汗)
ある日、主人が珍しくプレゼントをくれました♪。

箱を開けると…!?、
ムーミンではなく大きな「ミイ」の貯金箱。
IMG_4495_convert_20120622232913.jpg

「なんで?、なんの記念日でもないのに???」と、私。

すると…主人が笑いながら、IMG_4498_convert_20120622232841.jpg
「この顔が!目が!何かを企んでる時の顔にそっくりなんや!」と、私にそっくりな!?この「ミイ」を見つけた事が嬉しくってたまらない主人。

「えっ!?マジで…」(汗)…と、後は言葉も出ない私(汗)。
私の顔の横に「ミイ」をもってきて…、 「ほらな!」と満足そうな主人を
にらんだ私の顔は間違いなくこの「ミイ」だったような気がします(汗)。
IMG_4500_convert_20120622232807.jpg


「似てるかなぁ…」と「ミイ」とにらめっこしている私の横で、
言ってやったぞ!的に大満足そうに!!!IMG_4535_convert_20120622232713.jpg IMG_4520_convert_20120622232735.jpg
大好物の「Jelly Belly」のボトルを抱えて…幸せそうに食べている主人。

その時の私の顔は…「ミイ」以外の何者でもなかったのでした(笑)。
IMG_4499_convert_20120622233038.jpg

そういう私は…ミイは大好き♪ 可愛い♪


スポンサーサイト

2012.06.22(Fri) | 未分類 | cm(4) | tb(0) |

娘の働く姿に…。
「もう何ヶ月も会ってないなぁ…」

娘に会いに行ってきました♪。

大学生活に、サークルに、バイトを掛け持ちして…(汗)、
相変わらず電話の会話も短いし…、
いったいどんな生活をしているんだろう(汗)…と、
向かいながらも思ってしまう…、
会える嬉しさ半分、心配半分の私達。

まさか…ビックリするような変貌はないよなぁ…(汗)と、
緊張しながら!?…ピンポン押す。
現れた娘は…うん!?大人っぽくなったみたい。
部屋は…うん!?思ったよりきれい!。
ちゃんと自炊!。

ちょっと…拍子抜け(汗)。
「仕方がないなぁ…お母さんが…」って言うつもりだったなのになぁ(笑)。
いや!言いたかった!(涙)。

今度はバイト中の娘を見にいってみると…、
なんだ!なんだ!とっても笑顔で接客してる姿は…今までみた事のない娘。
頑張ってるではないかぁぁ!!!
今まで過保護のくせに、娘には厳しすぎるぐらいに褒めてやれなかった私達。
でも今日は素直に親バカの私達…感動してしまって(汗)、
お店を出る頃に私は号泣!?。(そんな私にあきれる主人!)

頑張ってるんだね…。
一人暮らし頑張ってきたんだね…。
とっても嬉しい気持ちと親の出る幕がないなぁ…と、ちょっぴり寂しい…。

それでもやっぱり元気に頑張ってくれている娘に「ありがとう!」。



次の日の「父の日」…。
届いた娘からのプレゼントに、なんともいえない嬉しそうな主人。
「昨日、なんにも言ってなかったのに…」と平常心を装いながらも、
嬉しさのあまり(汗)…上手くプレゼントが開けられない姿に笑ってしまいました♪。
IMG_4490_convert_20120618222958.jpg
そして…手紙を読んでる主人のそばで私が号泣!?(涙)。
「なんでや…!?」とまたまたあきれる主人です(苦笑)

どうやら…いつのまにか娘の方がしっかりしてきたようだ(汗)。


少しずつ親離れしている娘を見習って…、
お母さんも頑張らないとね!(涙)。。。(涙)。。。(涙)。。。





2012.06.18(Mon) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

アンティークレース
久しぶりに「BAU ANTIQUES」さんにお邪魔してきました♪。

今…綺麗なアジサイが迎えてくれているお店の扉をくぐると…、
いつも、時間の流れがゆっくりと感じられる素敵なお店。

ご無沙汰してしまった私を(汗)、
「こんにちは!」と優しい笑顔で迎えてくださるオーナーさん。

お会いするたび、体調を崩しがちだった私の事を気遣ってくださいます。
そして…楽しいおしゃべりの中で励ましてくださいます!
いつも、とっても明るくって!可愛くって!優しいオーナーさんに癒されるのです♪。

BAUさんの素敵な空間は…私には絵本や映画の中にいるようで…うっとり♪憧れます。

そして、たくさんの素敵なアンティークレースをみせていただきました♪。
時間を超えて…イギリスからのアンティークレースです。
IMG_4485_convert_20120614223131.jpg

このレースたちは、どんな風に飾られていたのでしょう…。
おしゃれな女の子の服だったのかしら…。IMG_4482_convert_20120614223153.jpg

大切に使われてきたレースたち。
その素敵な可愛らしさに、時間の流れという良い風合いが重なっています。
Bearのドレスに…大切に使わせていただきます。

オーナーさんの優しい笑顔に見送られながら、
お店をあとにする頃には、清々しく心穏やかな私。
「癒していただいて…ありがとうございました!。」


今回、BAUさんにお世話になりますBearです。
IMG_4460_convert_20120614223436.jpg

絵本に出てくるような…”くまの親子”をイメージしました。
***「今日は、森に木いちごを摘み行って、ジャムを作りましょうね…」
    「木いちごのジャム大好き♪。お花も摘んでいい?」って…ね♪
***
ママBearですIMG_4453_convert_20120614223317.jpg IMG_4424_convert_20120614224020_convert_20120614225209.jpg **** IMG_4455_convert_20120614223410.jpg



女の子Bearです
IMG_4436_convert_20120614223344.jpg  IMG_4430_convert_20120614224110_convert_20120614225237.jpg


おそろいのアンティークレースのドレスです。
IMG_4434_convert_20120614223533.jpg *** IMG_4433_convert_20120614223511.jpg


「よろしくお願いしまーす♪」









2012.06.14(Thu) | 未分類 | cm(4) | tb(0) |

ほたるのひかり
久しぶりに 蛍をみに行きました。

妹の家では、近くの小川でみることが出来るらしく、
その話を聞いて…
そういえば娘と何年か前にみに行ってから、
いつも蛍の時季を見逃していたなぁ…と思い行ってきました。

妹の家のまわりは本当に静かで…街灯も少なく、
小川の竹藪に蛍が数匹飛ぶ様子は、どこか懐かしく心和みます。

妹から、もっとたくさん蛍がいるところを教えてもらって行ってみると…、
太い道から一本細い道を入っていっただけのところに…、

蛍・ほたる・ホタル…まるで遠い遠い懐かしい世界に来たような、
たくさんの蛍が飛び、木にもきれいにひかる蛍たち。
「わぁーきれい!…」と見とれている私達に、
「もっと向こうに、蛍がいっぱいいるきれいな場所がありますよ。」
と教えてくださるのは、蛍を見守るためにいらっしゃるおじさん。

暗い夜道を歩いて行くと…、その先に…、
IMG_4407_convert_20120613120317.jpg
池の上を舞っているかのように飛び交う蛍、
その池を囲む木々に留まりひかるたくさんの蛍。
そのひかりたちが水面に映りとても幻想的な世界。
涙が出そうなぐらいに懐かしく…きれい…。

はかなげなひかりなのだけど、
そのひかりはしっかりと暗い世界にひかり続ける命のひかり。
それは、とても「生きている」と感じる情景でした。

幼い頃…父や母達に連れて行ってもらった蛍狩りを思い出す。
あの頃はまだ蛍もいっぱいいたなぁ…。

車の中で、虫かごいっぱいの蛍が逃げ出した時、
幼い私が言った「蛍のひかりは熱いんやから!」の言葉を信じて、
「蛍が!蛍が!」と慌てる幼い弟…。
あれからもう随分と時間が流れたなぁ…。

そして、時間は流れ続けるけれど…、
いつまでもいつまでも蛍が飛ぶ自然があり続けて欲しいと願います。

帰り際、蛍を見守るおじさんに、
「ありがとうございました!」と言い、
蛍を名残惜しく振り返り、振り返り…。







2012.06.13(Wed) | 未分類 | cm(4) | tb(0) |

ハルちゃんです♪
私の小学生の友達「ともちゃん」は大の動物好き!。
小鳥やハムスター達と仲良し♪。

そんなともちゃんと一緒にお買い物に行った時、
近くのペットショップにワンちゃんを見にいったのです…。
ともちゃんといろんな動物達を見て楽しくおしゃべり♪、
そんな中…何気なく見た小鳥達の可愛さに!私はとっても癒されたのでした♪。

帰って主人にその話しをして…特に「オカメインコ」が可愛い!って言ったら、
主人の方が、パソコンや本屋さんで「オカメインコ」を見だしてね(笑)。
ついには、「オカメインコ」をお店に見に行くまでになり(汗)、
ひょんな事から…よくお邪魔せていただくお料理屋さんのご主人&奥様から
インコやオウム専門のお店を教えていただき、
その足でそのお店に直行したのが2月頃の事でした。

3月…生まれた雛たちの中から、主人が直感で「この子!」との出会い!。
IMG_4387_convert_20120610215409.jpg
でも、「オカメインコ」を飼うのが初めての私達は不安(汗)。
すると、そこのお店は雛が一人でご飯を食べる事が出来るまで、
スタッフのお姉さんが育ててくださいます。
とっても感じの良い方で、素人の私達の質問にも笑顔で丁寧に気長に
答えてくださいます。

そして、「お世話をするのにお名前を決めているといいですね…」と、
アドバイスをいただき、主人が長い間悩みまくっていると(汗)、
「春に生まれた子だから”ハル”はどうですか?男の子でも女の子でも良いですね。」
と、またまた素敵なアドバイスをいただき… 「ハルちゃんにしよう!」と主人。

それから、面会!?に行くこと数回。
会う度に、「ハルが1番可愛い♪」と親バカになっていく私達(笑)。
主人なんて汗かきながら…スタッフのお姉さん指導のもと、
手にハルちゃんを慎重に留まらせています(笑)。
IMG_4389_convert_20120610215531.jpg


今日のハルちゃんは、少々やんちゃになってきているそうです(笑)。
ゲージから出る時も、止まり木から1回落っこちてから出てきて…、
入る時も1回落っこちて止まり木に留まるらしく…、
(他の雛はちゃんと飛び越えるそうです(汗))
そんな鈍くさい仕草までがIMG_4388_convert_20120610215440.jpg
「超可愛い♪」 


来月には、お迎えに行けそう♪…らしいです。
「とっても楽しみだ!」と、喜ぶ主人(笑)!

そんな可愛いIMG_4390_convert_20120610215559.jpg
「ハルちゃん」です♪♪♪

ちなみに…写真はすべてスタッフのお姉さんです!
必死に撮ってもタイミング逃しまくっている私(涙)に、
優しいスタッフのお姉さんがこんなに可愛い写真を撮ってくださいました!(喜)
ありがとうございました♪



 


2012.06.10(Sun) | 未分類 | cm(4) | tb(0) |

「十人十色色展」…ありがとうございました!
「十人十色展」IMG_4364_convert_20120606202446.jpg

ありがとうございました!
6日間の間…お客さま達とお会いでき、お話する機会をいただいた事に感謝しています。

あるお客さまが言ってくださいました…、
「こうやってお会い出来きて、作った人の顔を見る事が出来る
”縁”って大事にしたいですものね。」って…、
私の顔を見るために二度も足を運んでくださったのです。
あるお客さまは、お会いした夜にはブログで
Bear達の写真と「十人十色色展」を紹介してくださったり…。
本当に嬉しくって…作家冥利につきますね。
「ありがとうございました!」

IMG_4378_convert_20120606202521.jpg

今回はテディベアを作られていらっしゃるお客さまや、
テディベアがお好きでたくさんのBear達と一緒に
暮らしていらっしゃるお客さまとお会いする事も多く、
あらためて…いろんな角度からテディベアを見ることが出来ました。
……「もっと!もっと!勉強しなければならないぞ!」と刺激をいただいたり、
   Bearのお鼻をほめていただて…嬉しかったり……
初心に返らせていただいたうえで、
”私らしいBear”を素直なおもいで生んでいけばいいんだ…と、
教えていただきました。
本当に貴重な機会をありがとうございました!。

そして、ご一緒させていただいた作家さんの皆さんには、
いろんな場面で助けていただき…感謝しています。
6日間、ずっと笑顔で楽しく参加出来たのも皆さんのおかげです。
皆さんの「作家」としてのこだわりからは、多くの事を勉強させていただきました。
本当に素晴らしい皆さんとご一緒させていただく事が出来、嬉しかったです!!!
ありがとうございました!。

今、終わってなんだか寂しい…私です(涙)。
きっと、やっぱり宣言通り…私が一番楽しかったんだなぁ…。

本当に 皆さま ありがとうございました!

また是非!お会いできるように…
もっと!もっと!毎日を大切に自分らしく頑張ります!。







2012.06.06(Wed) | 未分類 | cm(6) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。