プロフィール

RandCwithBear

Author:RandCwithBear

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

そこに春が…
Bearをお届けに…。

そのBearのオーダーをいただいてから大変長い間お待たせしてしまいました。
だから、いつもお届け出来る時に感じる嬉しさと
お客さまとBearとの出会いの瞬間の緊張もそれはそれは緊張で緊張で…。

前にお邪魔させていただいた時は一昨年のクリスマス。
今日は、たくさんの蕾をつけた大きなミモザの木の下、
お客さまが笑顔で迎えてくださいます。

とても古の時代を感じる綺麗なおひな様。
床の掛け軸もひな祭り。
いつ伺っても…その季節を素敵に楽しまれていらっしゃるお客さま。
緊張も忘れて見とれてしまいました。

そして…次に目をやった時、IMG_6158_convert_20130224220432.jpg
私はハッとしました!
その素敵なお部屋の中で幸せに座っているBear達!
IMG_6160_convert_20130224220453.jpg
作った私が言うのも変かもしれないのですが…、
私が作った時、そして以前お邪魔させていただいた時…と見る度に、
Bear達の顔が前に見た時と変わってきているのです!
不思議なんだけど…それぞれに生きてるみたいに…。
お客さまから大事にしていただき愛情をいただきながら
一緒に過ごさせていただいた時間の分だけBearの顔が幸せに!
そう…幸せな笑顔に育てていただいているのだと感じました!
「不思議だけど素敵…」

いよいよ…新しいBearを見ていただく時がきました。
再び緊張に押しつぶされそうな私に…、
「可愛いわね!なんだかこの子が春を連れて来てくれたみたいだわ!」と、
笑顔で言ってくださったお客さま。
その言葉に私の中にあった緊張が雪解けのように消えていきました。

オーダーをいただいてから…、心身共に調子を崩してしまっていた私は
お顔のあるBearを作る事ができなくなっていました。
それは、その時の心持ちがBearのお顔に出てしまう怖さがあったからです。
そんな私に、ずっとメールやお手紙、サプライズプレゼントで励まし続けてくださったお客さま。
「ありがとうございました!」
Bearをお届けできて…本当に本当によかったです。
作らせていただいて…作る事が出来て…よかったです。
本当はBearを通して、私の方が助けていただいたように思います。

IMG_6163_convert_20130224220520.jpg
さっそく!そのBearに用意してくださっていた場所に飾ってくださいました!
幸せなBear達…そして、その幸せを見せていただく幸せな私です。

フレッシュなフルーツいっぱいの紅茶を入れて頂き、
さらに幸せな気持ちがふくらみ♪、楽しいお話に元気もいただきました!

たくさんの優しいお心遣いをありがとうございました。



私にとって…長い長い冬眠(作る事が出来ない)でした…。
その間、ずっとあたたかい励ましをくださいました皆さまに感謝します。
皆さまのおかげで…、ようやく春のような光が見えてきました。









スポンサーサイト

2013.02.24(Sun) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

やっぱり素敵…
先日、Bearがお世話になっています「BAU ANTIQUES」さんにお邪魔してきました。
2月に入ってから、BAUさんにはイギリスからの荷が届いている事を
HPで見ていたので、とても気になっていたのです…。

BAUさんのドアを開けると…もうそこには素敵な世界がひろがります♪
時間の流れまでがゆったりと優しく…毎回お邪魔させて頂く度に感じます。

そして、いつも優しく笑顔で迎えてくださるオーナーさん。
その優しく可愛らしい雰囲気に憧れます!

お世話になっているBear達は本当に幸せだなぁ…と思います。

BAUさんが旅で出会われた素敵なもの達をゆっくり見せていただいて…、
見つけた!!!
ドールベッドです!IMG_6105_convert_20130222102523.jpg

このかたちに大きさ…そしてこの色がとっても好きだなぁ…♪
可愛い女の子達がお人形遊びをしたかしら…、
もしかしたらそれはテディベアだったのかも…と、
このベッドの時間の流れを想像します。
IMG_6097_convert_20130222102611.jpg
私にとっては、やっぱりBearベッドになりますね♪

このベッドにどんなBearを座らせようかなぁ…と、
大好きな絵本や映画の一場面のような世界がうかびます♪
この気持ち…大事にしたいなぁ…。
そう思えるものとの出会いをいただきました!

オーナーさんの笑顔に見送られながら…、
「今日も癒されたなぁ…」と気持ちが穏やかになってるように感じました。

今、BAUさんにお世話になっている幸せなBear達です♪
IMG_5556_convert_20130222102716.jpg IMG_5554_convert_20130222102757.jpg
大きなお目々の女の子Bear。

この子は手のひらに乗るぐらいのちっちゃな男の子Bearです。
IMG_5466_convert_20130222102650.jpg IMG_5472_convert_20130222103535.jpg




2013.02.22(Fri) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

主人の嬉しい日
先日、主人の誕生日でした。

あいにくの当直(汗)。
私はメールはしたももの…次の日はバタバタしてしまいうっかり(汗)。

夜に「誰も何も言ってくれなかった…」と一人落ち込む主人。

すると次の日…娘から手作りのお菓子とカードが!!!
IMG_6064_convert_20130216002138.jpg
一気に元気になる主人(笑)
カードを棚に飾って、「わけてあげよう!」と自慢げにお菓子を差し出す主人。


今度は…怪獣三兄弟(甥っ子達)から毎年恒例の駄菓子の詰め合わせが!!!
IMG_6069_convert_20130216002200.jpg
主人の大好物の駄菓子⇒IMG_6074_convert_20130216002225.jpg
を探し求めてくれていたらしく今年は遅れた…との事(笑)
末っ子怪獣君に手渡されて大喜びでした。

さっそく、駄菓子を並べだし「ニンマリ♪」

子供達よりもこどもな主人でした(苦笑)


2013.02.16(Sat) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

それでも春が…
まだまだ寒い毎日が続きますね。
お天気の良い日、家の中から見る外は暖かそうに見えるけどね…
外の風は冷たいですね(寒)

先日、開園前の梅林に作業に上がる実家の親について行きました。
冷たい風の中、しっかり蕾をつけている梅の木。
IMG_0288_convert_20130211212050.jpg
その蕾を見るだけで、
「しっかり春へと季節は移り変わっていってるんだなぁ…♪」と、
思わず笑顔になりますね。

「生きてる!!!」ってこういうことなんだ!と、IMG_0291_convert_20130211212119.jpg
梅の木=自然から元気ももらえました!



「この枝は切って…」「この枝は残して!」と、
両親に教えてもらいながら、のこぎりやはさみで頑張ります!
「下手やなぁ…」と父に言われて、「上手いやろ!」と笑いながらの言い合い(笑)
そうしてる間に、身体も暖まりました!


すると…父に呼ばれて行ってみたら、
大きな穴!?(笑)IMG_0293_convert_20130211212232.jpg

これは誰が掘ったのか?いのししかなぁ?(笑)

なんだか童心にかえり…春待ち遠しくも清々しい一日でした。

「春よ来い!は~やく来い!」IMG_0296_convert_20130211212138.jpg


2013.02.11(Mon) | 未分類 | cm(4) | tb(0) |

心豊かになるもの…
もう夕暮れの京都…

主人が「行ってみよう!」と着いたお店は、最高級茶筒司「開花堂」さん。
IMG_5998_convert_20130204160539.jpg IMG_5991_convert_20130204160338.jpg

テレビや雑誌等で取り上げられる事が多く外国でもとても人気が高い、
こちらの茶筒。
私もテレビで何度かみて…
そのシンプルなかたちの中に、究極の職人さんの技が美しさとなって
輝いています。
その精巧な造りは、上蓋の重みで自然に音もなくひとりでに上蓋が
しまってゆくのです。
そんな茶筒に憧れのようなものを感じて、
いつか手にしたいなぁ…と思っていました。

だから、のれんをくぐるときも緊張しながら…お店の中へ。
IMG_5993_convert_20130204160216.jpg
とても綺麗に茶筒達がならびます。IMG_5987_convert_20130204160120.jpg

「どうぞ触ってみてくださいね」と、優しい笑顔でお店の方が迎えてくださいました。
その笑顔に一気に緊張も和みました。
それから、茶筒の銅・真鍮・銀それぞれの経年過程の色の変化を
見せていただきました。
どの茶筒も何年…何十年…と、それぞれに本当に深く良い色に輝いていました。
まるで生きているみたいに…。

そんな茶筒達をみて…
「私もうん十年!上手く色が出せてるのだろうか!?…」と、
ちょこっと頭をよぎります(汗)

私は、銅の茶筒を選びました。
憧れの茶筒を手に出来ただけでも喜んでいる私に、
「選んでくださったお礼に茶さじをプレゼントします…」
と、嬉しいビックリ!
ただでせさえ、美しく輝く茶筒を観ていて、職人さんの技の凄さを
感じて尊敬の気持ちが高まっていた私だったので…。
続けてお店の方が「お名前も彫らせていただきます…」って言われた時には、
「いいんですか!」と恐縮しながらもとっても嬉しかったです!

すると…なんと目の前で彫ってくださいます!IMG_5996_convert_20130204160247.jpg
直に職人さんの作業を観ることが出来て感動!!!
「さすが!!!」IMG_5997_convert_20130204160313.jpg

 (この茶さじは茶筒の中におさまるのです!)

彫ったばかりの茶さじを包んでくださりながら…
「お使いの時は、茶筒をよく撫でてやってくださいね…」と、
「ずっと使っていただきたいのでお直しもさせていただきますから…」と、
その言い方は、優しく茶筒への愛情を感じました。

「大事に使わせていただきます」と茶筒を受け取りました。

なんだろう!この幸福感は…。
たしかに憧れの茶筒を手に入れたこともあるかもしれないが、
私のようなものでも、
「開花堂」さんの茶筒を通しての一貫した精神のようなものを感じ、
それがとってもあったかかったのです。
それは全く及ばずながらも(汗)、「もの作り」に携わっているものとして、
その憧れはますます強く大きくなったのでした。

だから、その茶筒を毎日の生活に…気持ちが清々しくなります。
ずっとずっと楽しみながら使っていけるもの。
これから先…IMG_6020_convert_20130204160743.jpg
どんなふうに色が変わっていくのだろう…。
一生ものとの出会いです。

やっぱり、上蓋の重みで自然に…をやってみました♪
IMG_6011_convert_20130204160642.jpg ⇒⇒⇒ IMG_6013_convert_20130204160712.jpg





2013.02.04(Mon) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

お勉強!の続き…
腹ごしらえが出来たら 「さぁ!細見美術館へ」IMG_5962_convert_20130201174615.jpg


「江戸絵画の至宝-琳派と若冲-」
IMG_5964_convert_20130201174552.jpg

琳派の華麗なる世界美しい世界-本阿弥光悦・俵屋宗達に続き尾形光琳・尾形乾山
深江芦舟・渡辺始興・中村芳中・酒井抱一・鈴木其一。
若冲の躍動感あふれる魅惑の世界。
まだまだ初心者の私ですが、とても分かりやすく展示されていて、
それぞれの絵画をゆっくりじっくり観ることが出来、
時間を忘れて素晴らしい世界を堪能しました!!!
とくに、若冲の動植物をリアルに写実した絵が大好きです。
IMG_6022_convert_20130201174121.jpg
動き出しそうなまでの躍動感と鮮やかな色彩。
観ていて心躍ります!
そして、力強いパワーを感じます!

気がつくと…次に予定していた所の拝観時間が過ぎてしまっていました(笑)

だから、お勉強のあとはやっぱり食べる!です(笑)

先生に教えてもらった祇園四条「鍵善良房」さんへ。
IMG_5975_convert_20130201174313.jpg IMG_5973_convert_20130201174339.jpg

私はくずきり。IMG_5971_convert_20130201174434.jpg IMG_5972_convert_20130201174410.jpg 黒蜜で…
器にびっくり!!
主人はきび餅ぜんざい。IMG_5969_convert_20130201174502.jpg

とてもながく続いている時間の流れを感じる素敵な雰囲気。
IMG_5968_convert_20130201174528.jpg
とっても美味しかったです!
途中から主人にくずきりをとられてしまうほど…(笑)

夕暮れの祇園を少し歩きました。
IMG_5979_convert_20130201174233.jpg IMG_5983_convert_20130201174148.jpg


そしてそれから…一生ものと出会いました。

     
     続く…

2013.02.01(Fri) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。