プロフィール

RandCwithBear

Author:RandCwithBear

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

お勉強!お勉強♪
娘が成人式を迎えてから、なんだか今までにない気持ちになりました。
何よりも嬉しい気持ちは一番だけど、
振り袖姿の大人っぽくなった娘の様子に頼もしさを感じ、
だんだん今までのような親の手は必要なくなっていくんだろうなぁ…と思いました。
そう思うと同時に、自分のこれからの生き方も考える機会が多くなってきました。

そんな中、自分を見つめ直すとても良い機会がお茶のお稽古です。
お稽古では相変わらず緊張と失敗の連続で、
いやでも自分の無知とちっぽけさを思いしらされることばかりですが(汗)、
先生のお話がいつもとっても面白くって興味深く、私にもわかりやすく教えてくださいます。
本当に先生のお話の豊富さ内容の凄さに毎回驚くばかりです。
「なんでもいいの、お花からでも、書、絵、歴史、お茶碗、着物…興味のある事からでね…」と、
言ってくださいます。
先生のおかげで、いろんな事に興味を持ち勉強できることが嬉しく思えてきました。
「さぁ!お勉強!」

そして今回は、前回の京都 相国寺「宗旦狐」に続き、
19年ぶりの特別公開である相国寺 慈照院へ。
IMG_5954_convert_20130131163205.jpg
 IMG_5950_convert_20130131163236.jpg IMG_5939_convert_20130131163301.jpg

お茶室「頤神室」の床に掛けられた「宗旦狐」のお軸を見に行ってきました。

客殿(本堂)から見える枯山水庭園は、
船を形どった「陸舟松」と呼ばれる見事な枝振りの松や枯滝石組が美しかったです。
案内してくださる可愛いガイドさん達に続き、
本尊十一面観音立像・珍しい二重丸炉・書院「棲碧軒」・そして茶室「頤神室」へ。
IMG_6017_convert_20130131163029.jpg

「まぁ!なんて良いお顔!の狐様」IMG_6014_convert_20130131163053.jpg

「宗旦狐」のお軸に見入ってしまいました!
「宗旦狐」が慌てて障子を破って逃げた窓も面白い!
それから持仏堂内の布袋様もありがたい笑顔のお顔。
手には御棗を持っていらっしゃいます。
この布袋様の首は、千利休の首とすげ替えられるようになっています。
利休切腹後は、世間体をはばかり公然と利休像を祀ることができなかったための仕掛けだそうだ。

私、この「宗旦狐」のお顔がみたくて順路を二周してしまいました(笑)
そんな私に優しく「ゆっくりどうぞ!」と案内の方が笑顔で言ってくださいました。
とっても楽しい時間でした♪

お勉強のあとは、いつもの食いしん坊です。
やっぱり!これ!(笑)IMG_5957_convert_20130131163136.jpg ここは譲れない主人です!
IMG_5958_convert_20130131163115.jpg 私は うなたま丼。
「舞坂」さんのうなぎです。

お腹がいっぱいになったところで、「さぁ!お勉強!次は細見美術館へ」   
         
 続く…





           

スポンサーサイト

2013.01.31(Thu) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://randcbear.blog129.fc2.com/tb.php/113-f5626430
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
385. お勉強
いいね!お勉強!
素晴らしい~
元気なお母さんでいようね~
お互いっ
子供のためにも!
trill | 2013.02.01 09:26 | edit
386. trillさん。。。はい!
trillさんの言葉に励まされます!
そうですよね。
日々、元気にいろんな事を楽しめる事が大切ですものね。
そう思うと…いつもキラキラお目々のtrillさんは凄い!
RandCwithBear | 2013.02.01 10:44 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。