プロフィール

RandCwithBear

Author:RandCwithBear

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

心豊かになるもの…
もう夕暮れの京都…

主人が「行ってみよう!」と着いたお店は、最高級茶筒司「開花堂」さん。
IMG_5998_convert_20130204160539.jpg IMG_5991_convert_20130204160338.jpg

テレビや雑誌等で取り上げられる事が多く外国でもとても人気が高い、
こちらの茶筒。
私もテレビで何度かみて…
そのシンプルなかたちの中に、究極の職人さんの技が美しさとなって
輝いています。
その精巧な造りは、上蓋の重みで自然に音もなくひとりでに上蓋が
しまってゆくのです。
そんな茶筒に憧れのようなものを感じて、
いつか手にしたいなぁ…と思っていました。

だから、のれんをくぐるときも緊張しながら…お店の中へ。
IMG_5993_convert_20130204160216.jpg
とても綺麗に茶筒達がならびます。IMG_5987_convert_20130204160120.jpg

「どうぞ触ってみてくださいね」と、優しい笑顔でお店の方が迎えてくださいました。
その笑顔に一気に緊張も和みました。
それから、茶筒の銅・真鍮・銀それぞれの経年過程の色の変化を
見せていただきました。
どの茶筒も何年…何十年…と、それぞれに本当に深く良い色に輝いていました。
まるで生きているみたいに…。

そんな茶筒達をみて…
「私もうん十年!上手く色が出せてるのだろうか!?…」と、
ちょこっと頭をよぎります(汗)

私は、銅の茶筒を選びました。
憧れの茶筒を手に出来ただけでも喜んでいる私に、
「選んでくださったお礼に茶さじをプレゼントします…」
と、嬉しいビックリ!
ただでせさえ、美しく輝く茶筒を観ていて、職人さんの技の凄さを
感じて尊敬の気持ちが高まっていた私だったので…。
続けてお店の方が「お名前も彫らせていただきます…」って言われた時には、
「いいんですか!」と恐縮しながらもとっても嬉しかったです!

すると…なんと目の前で彫ってくださいます!IMG_5996_convert_20130204160247.jpg
直に職人さんの作業を観ることが出来て感動!!!
「さすが!!!」IMG_5997_convert_20130204160313.jpg

 (この茶さじは茶筒の中におさまるのです!)

彫ったばかりの茶さじを包んでくださりながら…
「お使いの時は、茶筒をよく撫でてやってくださいね…」と、
「ずっと使っていただきたいのでお直しもさせていただきますから…」と、
その言い方は、優しく茶筒への愛情を感じました。

「大事に使わせていただきます」と茶筒を受け取りました。

なんだろう!この幸福感は…。
たしかに憧れの茶筒を手に入れたこともあるかもしれないが、
私のようなものでも、
「開花堂」さんの茶筒を通しての一貫した精神のようなものを感じ、
それがとってもあったかかったのです。
それは全く及ばずながらも(汗)、「もの作り」に携わっているものとして、
その憧れはますます強く大きくなったのでした。

だから、その茶筒を毎日の生活に…気持ちが清々しくなります。
ずっとずっと楽しみながら使っていけるもの。
これから先…IMG_6020_convert_20130204160743.jpg
どんなふうに色が変わっていくのだろう…。
一生ものとの出会いです。

やっぱり、上蓋の重みで自然に…をやってみました♪
IMG_6011_convert_20130204160642.jpg ⇒⇒⇒ IMG_6013_convert_20130204160712.jpg





スポンサーサイト

2013.02.04(Mon) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://randcbear.blog129.fc2.com/tb.php/115-27b61e93
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
389. 素敵!
お茶のことはさっぱり分かりませんが
その内きっと私にも飲ませてもらえるんでましょっ
(何弁?笑)
宝物が増えたね!
trill | 2013.02.04 18:13 | edit
390. trillさん。。。ほんとですね!
たしかに!茶筒の中身も大事ですものね(笑)
今度は、そっちのお勉強の楽しみも増えますよね♪
やっぱりtrillさんの「楽しむ♪」目線は面白い♪
楽しみに待っててくださいね(笑)

RandCwithBear | 2013.02.04 22:56 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。