プロフィール

RandCwithBear

Author:RandCwithBear

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

もうすぐ建前
梅雨なのに暑い日が続くなか、
「凄い晴れ男かも…」と言っている弟夫婦の家の建前がもうすぐです。

そのおめでたい建前に向けての家族そろっての準備があります。
私の家も、妹の家も、大工の父が棟梁として建ててくれたのです。
そしてこれからの弟の家も…。
昔ながらの日本建築の大工である父。
墨うちしたり、柱を鉋で削ったり、su_convert_20130614224213.jpg
鋸に釘…大鋸屑で遊んだり、
それは私が小さな頃からの日常の風景でした。

柱巻き…
建前に向けて父がきざんだその柱達を、
手あかや汚れがつかないように紙で巻きます。
糊を鍋で煮て、刷毛で柱に塗りそして紙を貼って巻いていきます。
もちろん自分たちの家だけではなく、子供の頃は時々手伝っていました。
ki_convert_20130614223203.jpg
それが、自分たちの家を建てる時になり、
家族みんながそろって柱巻きをしてくれる嬉しさを味わえる事となったのでした。
だから、私達の家の時も、そして妹達の家の時も、そして今度、弟夫婦の家も…と、
建前に向けて家族みんなで柱巻きが出来ることを喜びました。
こうしてお互いの柱巻きが出来るのも、父が大工をしてくれていたから…。
今、いろんな意味で父の建ててくれた家で過ごせる事に幸せを感じるのと同時に
感謝の気持ちでいっぱいです。
本人を前になかなか言えないけど…(笑)

それは…今の時代だからこそ強く想います。
木の香りがする家の柱一本一本、小舞竹編みの土壁の優しさも…
床も…天井…建具も…すべての何もかもが
父と知ってる職人のおじさん達の手から生まれたものだから…
本当に居心地の良い家なのです。

きっと弟夫婦の家もそうなるんだろうなぁ…建前も晴れるかなぁ…


スポンサーサイト

2013.06.14(Fri) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://randcbear.blog129.fc2.com/tb.php/135-4ebaadac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
433. かっこいい!
『しゃばけ』の映画に出てきた!その道具!
凄い。守られてるね!
素晴らしいお仕事。
じ~~~~っと職人技を見ていたいけど
大人はなかなかじ~~~~~っと見られない。笑

もったいない。
お父さんに直接言いましょ!!!
・・・言えないか。笑
ま。伝わってる!
trill | 2013.06.15 11:57 | edit
436. trillさん。。。私も好きです!
『しゃばけ』私も好きです♪
私はテレビでみました!
なんだったかなぁ…「つくもがみ」だったかなぁ…

なんと!凄い雨の中の建前でした。
それから左官屋さんのお手伝いで土壁の下…竹と縄で小舞編んでました…
RandCwithBear | 2013.06.18 13:22 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。