プロフィール

RandCwithBear

Author:RandCwithBear

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ほたるのひかり
久しぶりに 蛍をみに行きました。

妹の家では、近くの小川でみることが出来るらしく、
その話を聞いて…
そういえば娘と何年か前にみに行ってから、
いつも蛍の時季を見逃していたなぁ…と思い行ってきました。

妹の家のまわりは本当に静かで…街灯も少なく、
小川の竹藪に蛍が数匹飛ぶ様子は、どこか懐かしく心和みます。

妹から、もっとたくさん蛍がいるところを教えてもらって行ってみると…、
太い道から一本細い道を入っていっただけのところに…、

蛍・ほたる・ホタル…まるで遠い遠い懐かしい世界に来たような、
たくさんの蛍が飛び、木にもきれいにひかる蛍たち。
「わぁーきれい!…」と見とれている私達に、
「もっと向こうに、蛍がいっぱいいるきれいな場所がありますよ。」
と教えてくださるのは、蛍を見守るためにいらっしゃるおじさん。

暗い夜道を歩いて行くと…、その先に…、
IMG_4407_convert_20120613120317.jpg
池の上を舞っているかのように飛び交う蛍、
その池を囲む木々に留まりひかるたくさんの蛍。
そのひかりたちが水面に映りとても幻想的な世界。
涙が出そうなぐらいに懐かしく…きれい…。

はかなげなひかりなのだけど、
そのひかりはしっかりと暗い世界にひかり続ける命のひかり。
それは、とても「生きている」と感じる情景でした。

幼い頃…父や母達に連れて行ってもらった蛍狩りを思い出す。
あの頃はまだ蛍もいっぱいいたなぁ…。

車の中で、虫かごいっぱいの蛍が逃げ出した時、
幼い私が言った「蛍のひかりは熱いんやから!」の言葉を信じて、
「蛍が!蛍が!」と慌てる幼い弟…。
あれからもう随分と時間が流れたなぁ…。

そして、時間は流れ続けるけれど…、
いつまでもいつまでも蛍が飛ぶ自然があり続けて欲しいと願います。

帰り際、蛍を見守るおじさんに、
「ありがとうございました!」と言い、
蛍を名残惜しく振り返り、振り返り…。







スポンサーサイト

2012.06.13(Wed) | 未分類 | cm(4) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://randcbear.blog129.fc2.com/tb.php/87-338ec8b9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
292. うん、うん。
あの匂いを思い出します。
懐かしいね。
4年くらい前かな~
前の田んぼに蛍が飛んでたよ♪
今晩くらい外見るかぁ~
こみち | 2012.06.13 18:37 | edit
293. 蛍か~
子供の頃に見たきりですぅ
幻想的ですねっ
昔みたいにゆっくり時間が流れますように。
同じ24時間なのにね。不思議~
trill | 2012.06.13 21:27 | edit
294. こみちさん・・・こんな身近に!
へぇーっ!蛍いたんだね…。
今もいるといいなぁ…。
発見したらおしえてね!
RandCwithBear | 2012.06.13 23:30 | edit
295. trillさん・・・そうなんですよね…。
本当に、蛍みたら不思議なぐらいに子供の頃を思い出しちゃって…。
今を大切にしますね!
RandCwithBear | 2012.06.13 23:41 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。