プロフィール

RandCwithBear

Author:RandCwithBear

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

出てきた「もの」は…
暑い中の肉体労働が一段落つきました…。
この猛暑の中での古い納屋の片付けは、冗談ではなく本当に倒れそうなほど、
埃と汗で泥だらけの毎日でした(汗)。

そんな中…出てきたもの達。
私には今だからこそ、ひとつひとつが…意味のあるように思えて、
手を止めて見入ってしまう事が何度もありました…。

おばあちゃんの思い出のものに
その時そのときの記憶のかけらとおばあちゃんが生きていた温もりのかけらに心が響く。
母と懐かしく笑ったり…涙がこぼれはじめて大泣きしたり…。

昔といってもまだ何十年しかたっていないのに、もう使われることのない道具達。
IMG_4818_convert_20120805190924.jpg
でも、それは先人達の知恵とあたたかみが感じられる存在感のあるもの達ばかり。
今のようにものは豊かではなかっただろうけれども、
そこには「純粋な生きていく生活」があったことが感じられます。
何世代の家族が一緒に生活し、大切なことを毎日の中から言葉にせずとも学べる家。
そして、大切に使われていただろうもの達。
もしかしたら…とても人が自然とともにあり、今よりももっと心豊かであったのではないだろうか…
と思わずにはいられませんでした。
今、時代の進む速度は速く、一世代違うだけで生活の感覚もかなり違ってきています。
進化することの大切さがあるなら、守るでき大切なもの=変わってはいけない大切なもの…、
受け継いでいかなくてはいけない大切なもの…、
失ってからでは二度と取り戻せないもの…を尊いと想い続ける心と行動の必要さがあるはず。


そして…一番心に痛く突き刺さったものは、
まさに「その時」に使われただろう旗(旭日旗)。IMG_4817_convert_20120805190313.jpg
心が痛かった…。
私のおじいちゃんは、母がまだおばあちゃんのお腹にいる時に戦死しました。
きっと子供の顔を見たかっただろう父。
そして苦労してきただろう…母と娘。

私にはすっごく明るくって面白いおばあちゃんでした。
いつも笑っているおばあちゃんしか思い出せません。

私が小学校の宿題で戦争の事を聞くと…、
おばあちゃんは何一つ語ってくれませんでした。
それほど…の体験だったのだと…今思います。
IMG_4828_convert_20120805190402.jpg 昭和18年3月31日の新聞
 IMG_4832_convert_20120805194031.jpg IMG_4822_convert_20120805192204.jpg

IMG_4827_convert_20120805193952.jpg  IMG_4829_convert_20120805194013.jpg

私の知っているおじいちゃんは軍服姿の写真でしかなく、
戦争は決して遠い昔ではないのです…
時代とはいえ、大切な人達を守るために戦死されたたくさんの大切な家族。
どれだけの家族が無事を祈り…涙したか…。
心が痛く…絶対に忘れてはいけない事だとあらためて強く思います。
そして、事あるごとに話してきた娘にもあらためて「出てきたもの達」の話をしました。
「自由に学べる事は、決して当たり前ではないのだから…。
そして、受け継がれてきた命…人は一人で生きているのではないのだから…。
時代を超えて繋がっているのだから…。」
IMG_4811_convert_20120731124255.jpg 尋常小学校 教科書IMG_4806_convert_20120731124335.jpg IMG_4809_convert_20120805190222.jpg


いろんなことを思いながらの作業の日々は、
かけがえのない「生きる」勉強をさせてもらえる機会となり、
忘れられない夏になりました。

見上げた空…見慣れた実家の風景にみんなの笑顔…
今まで以上に全てが愛しくて胸がいっぱいになりました。


スポンサーサイト

2012.07.31(Tue) | 未分類 | cm(8) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://randcbear.blog129.fc2.com/tb.php/96-e0ee0757
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
318. 思いだします。
小さい頃、遊びに行った時のおばあちゃん。
勝手口の隣の部屋から、お顔を出してくれる。
部屋でテレビを見ている後ろ姿。

今現在目の前にあるモノ。
遠い昔のようで、忘れてはいけない事ですね。

日々、お疲れさまです。
こみち | 2012.08.05 22:13 | edit
319. 凄いね
きっと意味のある大掃除だったんだろうなぁ。
白い歯車みたいのは何???素敵~
本当にお疲れ様~
ゆっくりKyokoさん話ができる日をのんびり待ってるよ~
とりあえずゆっくり休んでくださいな。
オリンピックでも観て。
‥‥‥私は観すぎで疲れてます(笑)
trill | 2012.08.06 18:43 | edit
320. こみちさん・・・ありがとう。
こみちさんのコメントに…
そうだったなぁ…(涙)と、おばあちゃんの懐かしい姿を
またひとつ思い出す事が出来ました。
覚えてくれていて…ありがとう!
RandCwithBear | 2012.08.07 08:45 | edit
321. trillさん・・・水車です。
あの歯車のようなものは…水車です。
前は、この水車を使って田んぼに水を入れていたんです。
trillさんに言われてあらためて見てみると…
たしかにとっても精巧に組まれてあって素敵なかたちです♪。
この頃の農作業道具一式や木製のとっても大きな大根おろし!?に
素敵で可愛い細工の乳母車…などなど面白かったです(笑)
そして「もったいないなぁ」と思いました。
RandCwithBear | 2012.08.07 08:56 | edit
322. きゃ~
いっぱいお宝!!!!飾りましょ。飾りましょ。
trill | 2012.08.07 09:10 | edit
323. trillさん・・・ふふっ(笑)
飾る!?…trillさん的楽しい発想♪♪♪
でもおしゃれではなく…とってもとっても偏った昭和資料館!?(笑)に…
RandCwithBear | 2012.08.08 10:01 | edit
324. No title
8月にならないとこんな気持ちは忘れてます。
そう、大勢の方の犠牲の上に有る今の生活・・・
今一度、思わさせてもらいました。

本当に昭和資料館ですね。
私も、どっぷり昭和・・・
懐かしさも・・・
なんだか故郷を、思い出しました。
Como工房 | 2012.08.12 14:27 | edit
325. Como工房さん・・・ありがとうございます!
とても心にしみるコメントをありがとうございます!。
なのに…返信が遅くなり申し訳ありません。
お盆にみんなが集まることで片付けの第二弾となり、
PCに電源を入れる体力もなく今日となってしまいました(汗)。

長い夏休みとなってしまいました(汗)。
この夏は…私の中での「昭和」を振り返りながらも景色がかわっていく
なんだか…せつない夏となりました…。
RandCwithBear | 2012.08.22 08:16 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。